7 4月

建長寺専門道場へ修行に

私は臨済宗建長寺派満昌寺の総代役員をしています。私の従弟が住職をしています。住職の息子、すなわち私の甥が早稲田大学修士課程を終えて建長寺専門道場に修行に出かけました。修行中は、テレビ・ラジジオ・新聞・PC・スマホは一切使えず、外部からの連絡は手紙だけです。修行は3年半にわたり、読経、坐禅の毎日です。早い時は朝3時から坐禅を組み、長い時は10時間以上坐禅をします。修行中は真冬でも足袋を履けませんし、体調が悪いからと言って修行を休んだり、医者に行く事も出来ません。非常に厳しい修行です。朝食はおかゆ、昼食は白米、夕食は朝と昼の残りものをおもゆにして食べます。おかずらしきものは建長寺の畑で自給自足の野菜だけです。もちろん魚・肉類は食べられません。今日朝6時に家族、代表役員で送り出してきました。1枚目が本人、2枚目は左から老僧、本人、住職、奥さん、満願寺住職です。3枚目が役員と一緒の画像です。

CIMG2783
CIMG2787
CIMG2789