13 11月

水道の漏水、大変だー

 11月11日叔父から電話がありました。「水道の検針に来たら水道量が980m3、料金が67万円だ。大変だー。」との電話でした。いつもは120m3位ですから、8倍以上です。驚くのも無理は有りません。直に漏水が水道のメーター(量水器)から家側で起きていると思いました。横須賀水道工事協同組合に電話をし漏水調査・修理の依頼をして、私も叔父の家に行きました。漏水調査は漏水音を聴いて調査をします。具体的には水道管や蛇口に音を聞く装置、音聴棒を何箇所に当てて音の大きさで特定して行き、掘削をして確認をします。組合から紹介された、指定工事店の小崎組さんが来てくれました。11日は午後の遅い時間でしたので、12日に再度来ていただき漏水箇所を発見し修理をしてくれました。
 問題は料金を支払わなければ行けないのか、ですよね。横須賀市上下水道局では漏水を発見し、指定工事店が修理をすれば工事店経由で横須賀市上下水道局に減免申請をすれば、通常の2倍までの料金は請求されますが、それ以上の水道料金(下水道使用料も)は免除されます。
音聴棒と簡単な漏水調査の画像をご覧下さい。
 
水道・下水道で困った事があったら、横須賀水道工事協同組合に電話して下さい。
電話番号 0120−802−090、046−825−0676
営業時間は8:30から17:00ですが、夜間や休日にも対応してくれます。

音聴棒

音聴棒2