29 8月

中山恭子新次世代の党首決定です

新聞報道でご覧になった方も多いと思いますが、中山恭子先生が次世代の新党首に決定しました。任期は平成27年10月1日から2年間です。中山党首決定にお慶び申し上げます。強いリーダーシップと優しいお人柄で次世代の党をリードしていただきたいと思います。

党首決定に先立ちまして、8月27日22:18に松沢幹事長からメールが有りました。「次世代の党離党にあたって」とうい題名でした。また翌28日16:43に松沢幹事長から直接私に電話がありました。松沢幹事長からは時々メールが有りますが、電話は4月の選挙で落選した時以来で、ビックリしました。メール・電話の内容は次のとおりです。

平沼党首の突然の辞任に伴い、次世代の党の参議院6名から党首を決める話し合いを何度も行いました。しかし、松沢幹事長の主張「自民党、民主党でもない第三局の政党を目指したい、次世代の党再生に向けて抜本的な改革が不可避である、でしたが意見の食い違いで賛同が得られなかったので、党が二つに分かれては行けないと思い、党首を目指しましたが、離党という道を選びました。」との事でした。松沢幹事長は熟慮に熟慮を重ねた結果だと思います。従いまして新幹事長には和田正宗政調会長が兼務になりました。

正直言いまして、次世代の党は今後どうなってしまうのだろう、と思います。中山新党首、松沢元幹事長ともに尊敬する方です。今後の政策・方針を見守りたいと思います。