12 7月

イフコンin 千葉 教育からの日本再生

講師(山田宏前衆議院議員、杉並区長3期11年、前次世代の党幹事長)

・安全保障法制で民主党は理想ばかり、安倍首相が今どうして安全保障をするかを、良く考え るべきである。中国は南沙諸島に滑走路やレーダーを設置している。平和を安定させていく ために、我が国が出来るとこをやって行く。憲法学者ほど簡単な商売は無い。憲法が今の憲 法が発令されてから変わっていないので、同じ事ばかり行っていれば良い。違うことを言え る訳が無い。

・日本教育で、いじめが有るのは閉鎖的教育、逃避できない教育にある。変な教師がいても以 前は変えられなかった。杉並区では初めて学校選択制を行った。教育委員会の反発は大きか った。毎年18%の生徒が他の学校を希望した。選択制にして教育は良くなった。学校に選 ばれる緊張感が出て来た。

・戦前戦後教育であったが、今の教育で無いものは①宗教心②道徳③歴史教育である。   ①宗教心とは、先祖や神様から自分を見る教育である。                 ②何が良くて、何が悪いか、何が大切かを教える。かつてブラジルに移民に初めて行った方々 で、ヨーロッパ人は最初に教会を建てた。日本人は小学校を建てた。それほど日本人は教育 が原点だと思っていた。親孝行を一番先に教える。日本人は公共、社会を大事にする。  ③歴史は選択制になっている。日本の歴史を教える事は大事な事だ。

尊い犠牲を払ったからこそ、今が有る。過去に感謝して将来を考える。誰のために何をするかを考える。次世代の党の考え方に間違い無し。教育、安全保障、経済を考える。

さいかの感想・・・山田先生の朝食勉強会には何回か出席させていただきましたが、昨年の衆院選で惜しくも落選をされて、今年2月を最後に朝食勉強会を中断されています。久しぶりに山田先生にお会いできて、また講義を聴講できて嬉しかったです。イフコンで横須賀にお呼びしたい教育論者、将来総理大臣になっていただきたい方です。

CIMG2138